香港から親愛的朋友!! Part2

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本のリビングショールームにて

<<   作成日時 : 2016/12/18 01:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日は朝から日本の友人が教えてくれたテレビ番組でランタオ島のタイオーや
蝦醤や飲茶を観ていたのですが、大包も出てきて、川龍村も出てきて
思わず速攻飲茶に行きたくなりました。
あれこれ観れて楽しかったですし、紹介されていたお店にも行きたくなりました。
さてこちらは以前の一時帰国の時の日本のショールームにて。
現在、日本の実家を改装中なのでその前に参考に〜。


画像



香港にはイケア以外にはなかなかこういった総合ショールームがないので興味津々。
こちらはパナソニックのリビングショールームだったのですが、スタッフの女性も丁寧で
思わずあれこれ質問してしまいました。


画像



でも見ているうちに、キッチンはガス?電気?
シンクはどのようなタイプ?引き出しの取っ手はあり、なし?考えないといけないことが山のよう。


画像



これはなにかと思ったらシンクの高さを比べることができるようになっていました。
香港にはこういうきめ細やかさを求めてはいけないし、造りも違うので
さすが日本だわ。。。と感心。


画像



トイレはコマーシャルで見たことのあるアラウーノだ〜。
何しろ香港は水回りがとても弱い。
一番最初、留学で住んだマンションでは台風の時に壁から雨水が入ってきたり
その後の家でも排水管から水漏れやお風呂でもあれこれありました。。。


画像



そしてやっぱり一番の楽しみはお風呂!
香港のお風呂はバスタブの横にトイレがあったりして、
しかもメイドさん用のトイレは上にシャワーがついているだけだったり、
もちろん追い炊きもできないし、日本のお風呂が恋しい〜と思うこともよくありました。
さすがに20数年も住めばある程度の妥協と諦めもありますが。。。

そのお風呂も、壁一面を少し上等にすることもできますよ、
色を変えることもできますよ、と言われ見てみるとうーん、
色によって雰囲気ががらりと変わりますし悩みますねー。


画像



画像



他にも床の素材は?色は?床暖房は?ドアは?照明は?ガレージは?窓は?窓枠は?
などなどなどなどあれこれ考えないといけないことが多すぎて頭がくらくら。

ビフォーアフターではありませんが、家の中はほとんど骨組みだけになって
水回りの配管からお風呂などの場所の移動やらかなり基礎からなので大変。
なのでこういう仕上げの部分はまだもう少し先にはなるのですが
とりあえず参考に見せていただいて電話帳よりも重たいカタログの山をいただきました。
普段行くことのなかった場所なので貴重な経験でしたが、あまりにも情報が多すぎて
結局、改装をお願いした方にアドバイスをいただいたり、教えていただいたり
家を改装した友人とかに聞いたりして順番に決めていきました。











SUUMOリフォーム 2017年1月号
リクルートホールディングス
2016-11-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SUUMOリフォーム 2017年1月号 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



SUUMOリフォーム 実例&会社が見つかる本 首都圏版 2017年WINTER
リクルートホールディングス
2016-10-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SUUMOリフォーム 実例&会社が見つかる本 首都圏版 2017年WINTER の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
リホームですか、色々迷うけど楽しいでしょ?
携帯はガラパゴスとか言われますが、日本人って物を作ると
トコトンいっちゃうんですよね!
もうこれ以上の工夫も改良もない無いかと思いきや、どっこい
また新しいアイデアを盛り込んでくるんですよね
カタログもじっくり読むと楽しいですよね
予定のない私でもついつい雑誌とか見ちゃいます 笑

思い通りにリホームが進むと良いですね
ペイズリー
2016/12/18 13:59
ペイズリーさん、どうも有難うございます。迷いすぎてというか香港にいながらなので一時帰国の時に改装の打ち合わせざざっと数時間してあとはラインでのやりとり、というあまり迷えないような恐ろしい改装です。苦笑。あれもこれもというわけにはいかないですし電卓たたきながら、理想と現実の間をどううめていくか。
カタログやスーモなどの雑誌を見るのは楽しいですね。よそさまのお宅の写真を見ながらこれは好き、とかこの雰囲気は好きじゃないなーとかあれこれ思いながら見てしまいます。実際に出来上がったものをここを変更とかいうわけにいかないので自分で選んだものがいいのか悪いのか、カタログで選んだものが実際に実物となった時にまわりと雰囲気があうのか、仕上がりを見るのが楽しみなような恐いような。それにしても日本人の物作りすごいですよね。今後の電化製品などを選ぶのにもきっとしわが増えそうなくらい悩むと思います。だんだん考えるのに疲れてしまってまあ前よりはよくなるのだから、というところで落ち着くのかも?
jf
2016/12/18 20:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本のリビングショールームにて 香港から親愛的朋友!! Part2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる