香港から親愛的朋友!! Part2

アクセスカウンタ

zoom RSS ピークの香港電車文化館

<<   作成日時 : 2013/10/10 00:07   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

ピークにできた香港電車文化館、といっても
少し前まではピーク・ギャレリアの中で小さなショーケースで
トラムグッズなどを売っていたのですがやっと小さなお店となりました。


画像



トラムの行き先案内で【山頂廣場】という文字を見ることは
実際にはあり得ないのでとても新鮮。


画像



小さなスペースには香港らしいディスプレイ。


画像



画像



画像



そして奥にはトラムの椅子がしつらえられ、後ろの写真とあわせると
トラムに乗っている雰囲気?です。

この時の物よりはトラムらしい。。。 → 

画像



画像



トラムの行き先案内に使われていたもの。
現在、かなりのトラムが電光掲示板に移り変わっていっているので
これらは貴重な資料になりますね。
ミニバスもこのタイプを使っていますが、電光掲示板のミニバスも増えてきました。


画像



昔の車両の写真も展示されています。


画像



もちろん関連グッズの販売もあります。


画像



ピーク・ギャレリアにはコーチもオープンし、大陸からの旅行客で賑わっていますが
逆にこの手のお店は昔を懐かしむ香港人に人気があるような気がします。
急速に変わりつつある香港、
いつまでも変わらずに、と願う思いがそうさせるのかもしれないですね。


画像







テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
え、トラムの行き先表示が電光掲示板になりつつあるのですか?あのレトロな板がステキなのに…。
みかんちゃん
2013/10/10 12:32
みかんちゃんさん、そうなのです。どんどん電光掲示板のトラムが増えてきていて少し淋しい気持ちです。
jf
2013/10/11 00:09
やっぱり人気の120號を模した車両なんですね。(笑)
お写真の6枚目と7枚目の車両の中のスナップを拝見すると、
なんと、120號のベンチ椅子が進行方向右側に、
そして、新しいデジタル表示の車両の椅子たちが、左側に、
こうして一緒に移されているんですね。粋でおもしろい組み合わせだなあと思いつつ拝見しました。
こえだ
2013/10/11 18:15
こえださん、トラムといえばやはり120番が代表的に登場しますね。この椅子の組み合わせも実際にはありえないのでおもしろいですね。最初168番の電光掲示板トラムが登場した時はドキドキして乗りましたが、今はどんどん新しいタイプが増えてきてそのうち昔ながらのトラムに乗る機会のほうが減っていくのでしょうね。
jf
2013/10/12 00:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
ピークの香港電車文化館 香港から親愛的朋友!! Part2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる